banner2.gif この向こうにもっと話題のブログあり。

2009年03月31日

ベトナム国立交響楽団、オペラハウスでの定期演奏会

3月30日(月)、20時からオペラハウスで行われた
ベトナム国立交響楽団の第24回定期公演を聴きに行ってきました。


オペラハウスに入ったのは2回目。

今回は、カメラ持参とため内部を撮影したので紹介します。


先ず、後方から舞台側に向かって。

DSC01459.jpg

次は、舞台右方向。

DSC01460.jpg


続いて、舞台左方向。

DSC01461.jpg

次は、天井部分。

DSC01462.jpg

天井から舞台側に降りてきた部分です。

DSC01463.jpg


上の写真に写っている顔の像の部分を拡大したのが以下の写真。
1911という文字が刻んであります。同年に建設されたのでしょうか。

最後は、舞台側から見た、後方の客席の模様です。

DSC01468.jpg


今回の定期公演では、

指揮:コリン・メッターズ(Colin metters)
演目:ドボルザーク(Dovorak) チェロ協奏曲
        同      交響曲第8番ト単調

DSC01472.jpg



正面の指揮者がコリン・メッターズさんです。左隣はベトナム人の
チェロ奏者。この写真は、演奏が終わってからのものです。

DSC01474.jpg



次の写真は、交響曲が終わってからの指揮者の挨拶となります。

DSC01477.jpg

お辞儀をしている指揮者の左側の女性が、第1バイオリンを担当する
コンサートマスターの女性。


ベトナムに来て、始めてクラシックを聴きましたが、前から4連目
の真正面の席、実は、25万ドンです。今の為替で14ドル程度。

場所は異なりますが、日本で同じような席に座ると、その何十倍も
するのでしょうね。如何に、日本がこの手のものに高い値段をつけて
いるのかが分かりますね。

DSC01480.jpg
posted by wadainoblog at 13:57| ハノイ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | タイ・ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。