banner2.gif この向こうにもっと話題のブログあり。

2007年07月02日

セントサ・ゴルフ・クラブでのプレー

Sentosa Golf Club

6月30日(土)12時半スタートで、初めてシンガポールで
ゴルフをプレーしました。

しかも名門のセントサ・ゴルフ・クラブ

DSC00303.jpg

コースは、タンジョンコース(旧コース)とセラポン(新コース)
の36ホールのゴルフ場。


今回、プレーしたのは、タンジョンコース。

セントサ島の東半分ほどを占有するゴルフコースでもあり、美しい
眺めのコースです。ただ、狭い島の中のコースでもあり、狭い、水が
多い、曲がりくねっているコースとなっている。

DSC00304.jpg

このゴルフ場ではメーター表示となっており、ヤード表示に
慣れている私としては、少々換算に戸惑うばかり。

1番ホールは、296メートル(白杭)のパー4。
グリーン手前に谷があり、早速の曲者。

DSC00305.jpg

DSC00306.jpg

ショートホール以外は、最初は、ドライバーという(私の)常識が
通じない。

アドバイスに従い、最初は5番アイアン。クリーンヒットするものの、
2打目をグリーン手前の谷に落としてしまう。結局、4オン、2パット
のダブルボギー。

ところどころで写真を撮ったので、どの写真がどのホールかも
思い出せません。

DSC00308.jpg

DSC00309.jpg

DSC00310.jpg

とにかく、景色が美しいコースです。

ここからが、インコースのスタートです。

10番ホール。466メートル(白杭)のパー5。

DSC00312.jpg

DSC00313.jpg

上の写真の左方向にある防護柵辺りからほぼ直角に左に曲がっています。

1打目を柵の右方向に落とし、2打目でグリーン手前まで運び、
3オン、1パットのバーディと行きたいところですが、結局は、
5オン、1パットのボギーでした。
2打目までは、予定通りでしたが、3打目、4打目をチョロで、
右へ左にブレ、何とか5打目でピン近くに乗せたという次第。
まあ、結果オーライというところでしょうか。

13番ホールは、ショートホール。ただし、10数メートルの
崖上からのショット。

DSC00318.jpg

DSC00319.jpg

私の赤いキャディバック(右側)も登場です。

DSC00320.jpg

崖下を含めた写真であれば、良かったのですが、崖下見えないのが残念。

ここでは、唯一、グリーンに1オン。ただし、結果は、ボギー。

何と3パット。

最近、3パットが多いようです。これを無くせば、90台前半が
コンスタントに出て、80台を狙えるのですが・・・?!?


結局、アウト50、イン52の102。

難コースということで、わざわざゴルフクラブをハノイから持参した
のが幸いしたのが良かったのか、まあ100そこそこのスコアでした。

次回は、是非、100を切りたい。

で、今回思ったのが、キャディの有難さ。

ここでは、カートには乗るものの、キャディを付けないのが一般的。
いつもキャディにお任せの部分が全て自分で行う必要があり、もう、
コース上をクラブを抱えて、走りまわっていた。汗だく抱く状態。

ハノイゴルフクラブのキャディさん達の有り難みを痛感したシンガポールでの
ゴルフでした。。
チップを少々弾まないと・・・・


で、夜は、一人でオーチャード近くのフェニックスホテルに宿泊し、
翌日、ハノイに戻ったという次第。

再度の、オーチャード通りの夜の風景でも。

DSC00325.jpg





posted by wadainoblog at 19:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46463103

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。