banner2.gif この向こうにもっと話題のブログあり。

2007年08月21日

海外安全情報。バンコク(タイ)編

少々古い話ですが、7月19日から同月23日までバンコク旅行に
出かけていました。


ホテルは、定宿のアルノマホテル

arnomahotel.jpg

ArnomaBigCPic.jpg

場所は、今、人気スポットのひとつである、旧ワールドトレードセンター
(ZENと伊勢丹が入っているコンプレックスビル)の前。

ArnomaBigC.jpg


バンコクに着いた日は、いつもアルノマホテル隣のBigCに入っている
MKでタイスキを楽しみます。

BigC.jpg


今回のバンコク旅行では、初めての経験をしました。

何と、ショルダーバックに入れた財布を、ものの見事に掏られて
しまった。

財布には、現金の他、銀行ATMカード、クレジットカード、メンバー
シップカード等々。

クレジットカードも各種入れていたので、これが無くなると拙い
ことになるだろうな思いつつも、そのままの状態。

それが今回すっかり掏られてしまったという訳です。


ことの顛末は、以下の通り。

ハノイに戻る日の朝、いつものように朝食を食べるために下の
レストランに行こうとし、これもいつものようにショルダーバック
に入れた財布を取り出そうとしたところ、なぜか、バックが開いている。
さらに、中にあるはずの財布が見当たらない。

あれっ?

どこか部屋の中に置き忘れたかと思い、取り敢えず、食事に。

早々に戻って、財布を捜すも、ショルダーバック、トランクの中
には見当たらず。ホテルの部屋を探すも見つからない。

そう云えば、昨夜の晩に、隣のBigCのMKで訪問中2度目のタイスキ
を食べた後、財布から現金で支払って以来財布を触ってないことに
気付いた。

MKで落としたかと思い、BigCに行くも、まだショッピングセンター
はオープンしていない。

仕方なく、ホテルのカウンターで、事情を話し、ホテルで財布の
落し物は無いかと確認するも、届出は無いとのこと。

そこで色々話をしていると、どうも、最近、BigCや前のワールド
トレードセンターで、グループによるスリが横行しているとのこと。

そう云えば、一緒に旅行している家内が、MKを出た直後、エスカレータ
で不審な出来事があったのを思い出した。

家内が前で、私がその後ろでエスカレーターを降りていると、急に
1人の男性が家内の前に割り込んで入り、同時に家内と私が並んだ
場所の横にさらに一人が立った。
降りる直前に突然、家内の前に割り込んだ人の荷物が落ち、家内が
それにつまずきそうになり、後ろの私も家内の背中に乗るような形
になり、さらに私の後ろに居た人も、私の背中に乗るような形で
秩序が崩れた。

その乱れもも、エスカレーターを降りる直前だったこともあり、
大きな騒動になることもなく終わった。

家内曰く、どうもこれが不自然だという。

この状況をホテルのスタッフに話すと、どうもそれがスリ団の常套
手段という。

3、4人のグループが複数、BIgCや旧ワールドトレードセンターに
暗躍しているという。

どうもエスカレータでの混乱の際に、私の背後にいた仲間の一人が、
背中に回していたショルダーバックのチャックを開け、中の財布を
抜き取った模様。

全く木気付きもしなかった。


7月31日に自宅に戻ると、クレジットカード会社からの手紙が
複数届いていた。それによる、不審なクレジットカードの利用が
あり、止めたとの内容。至急、クレジットカードが手元にあるか
確認した上で、連絡して欲しいとのこと。

結局、盗難にあった複数あったクレジットカードの内、2社の
クレジットが不正利用されていた。不正利用の無かったカードは、
顔写真が裏に張ってあるもの。

何とか、保険で不正利用された買い物代金の請求は免れたものの、
後始末が大変、大変。


今回の教訓。

1.旅行に出かける時には、余分は現金、カード類は持たない。
2.ショルダーバックは、流行のスタイルでも決して、背中に回さない。
3.エスカレーターで騒動に見合ったら、至急、身に付けた貴重品
  を確認する。


posted by wadainoblog at 12:49| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ・ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

ベトナム一高いビルの工事現場からの報告。

ザ ランドマークビルの工事現場からの報告です。

コンクリート杭用の青いサイロが4本立ちましたが、さらに8本の
青いサイロが横たわっています。

さらに大きなブロック石のようなものが運び込まれています。
山のように積まれています。
これは、何をするのでしょうか。

DSC00383.jpg
posted by wadainoblog at 12:40| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ・ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

ベトナムで一番高いビル、建設現場の進捗状況

ザ ランドマークっていう名前のビルになるようですね。

コンクリート杭用の青いサイロが4本立ったようです。

まだ杭打ちは始まっていません。

これが始まると騒音が凄いのでしょうね。

定期的に、工事の進捗状況を報告したいと思います。

DSC00368.jpg
posted by wadainoblog at 18:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ・ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

ベトナムで最も高い高層ビルの建設が始まる。

images1260744_65-tang.jpg

ベトナムで最も高い高層ビル「ハノイ・シティー・コンプレックス」
の建設が始まった。高さは195メートル、65階建ての高層ビルである。

ルクセンブルクの情報通信系投資会社コラリスが、ベトナム・ハノイ市中心部
のバーディン区に建設するものである。

場所は、ダイウのビジネスセンターの前、某国大使館の隣である。

DSC00282.jpg

杭用の青いサイロが横たわっている。2010年の完成ということで、
マジに建設が始まったようである。

DSC00283.jpg

某国大使館の隣。

DSC00284.jpg

実は、近くにも某国大使館がある。我々になじみの深い大使館である。
16階建てのダイウのビジネスセンターから覗かれるということで、
立ち木を植えて視界を遮ったが、今回のビルは65階建て。
2国の大使館とも、遺憾ともし難い・・・。

我々庶民は、このランドマーク的な建物が建つのが楽しみである。
posted by wadainoblog at 11:29| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ・ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

通りの内側のベトナム

ホーチミン市に出張に来ています。

泊まっているホテルは、ノーフォークホテル。

今は、どこのホテルも宿泊費が高く、ここも95ドル++。


ベトナムの町並みは、ハノイもホーチミン市も綺麗に変身している。
が、表通りの町並みの裏側は、どうでしょうか。
少々気になるところ。


ノーフォークホテルから、サンワタワー方向を見た風景は、
以下のよう。

DSC00278.jpg

カメラの先を少々下に向けると。

DSC00275.jpg

昔の上海では、ビルに囲まれた中庭に、雑居住宅がひしめき合っていた。

当時の上海を思い出すような風景が現れています。


このホーチミン市の裏通りには、火炎樹の花が咲いていました。

DSC00277.jpg

これから、満開になるのでしょうね。
posted by wadainoblog at 12:37| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | タイ・ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

速報!ハノイで有感地震!ビルから避難者続出。

16日(水)15時半頃(時間が定かではない)、ハノイで珍しく
有感地震がありました。

丁度ダエハ・ビジネスセンター10階で打ち合わせの最中、突如、
ソファーがグラグラグラ!

ここが東京なら、良くある状況ですが、ここはベトナム。

めったにあることでは、ありません。

東京での高層オフィスビルでの経験からすると、震度3或いは
体感的に震度4程度か。

ベトナムでは、レンガを積み重ねて高層にするため、ふとここが
ハノイであることを思いだし、ぞっとして外を見渡すも、ビルや
家が倒れた形跡がなし。

ベトナム人は、このような経験が全くなく、皆、大騒ぎ。

意に介せず、打ち合わせを継続して、ふと窓の外を見ると、オフィス
の前の道路に人だかり。

ビル管理によると、とりあえず、自主的にビルから避難した人が
集まっているとか。

10階から階段を使って1階まで降りました。

いやはや、初めての良い経験をさせて頂きました。続きを読む
posted by wadainoblog at 19:31| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(11) | タイ・ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

ロン・ビエン橋

ハノイに、歴史的な遺産が幾つかありますが、その中で、目の当たりにして
結構驚くのがロン・ビエン橋です。

DSC00635.jpg


1902年(明治34)の竣工です。

ロン・ビエン橋は1682メートルで、渡るだけでも30分はかかるほどの長さです。ベトナム戦争当時、米軍によって何回も爆撃されたとのことで、所々
壊れている部分があるとのことです。

DSC00636.jpg
posted by wadainoblog at 15:05| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ・ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

ハノイに進出する日本企業

野村ハイフォン工業団地に進出した東北パイオニアとコクヨの工場で、
開所披露が開催されたので、その模様を報告します。

10月20日、金曜日。

東北パイオニア開所パーティ

DSC00627.jpg

DSC00630.jpg


11月23日、木曜日

コクヨ開所パーティ

DSC00683.jpg

DSC00686.jpg

アオザイの女性が写っている写真だと、綺麗に見えますね。


野村ハイフォン工業団地は、ハイフォン市から国道5号線をハノイに
向かって10分程度に位置する工業団地で、既に、既存エリアは満杯で、
現在、拡張工事を行っているようです。


野村ハイフォン工業団地をさらに、ハノイ側に5分程度行ったところに
大きな橋が架かっています。日本のODAで架けた橋です。名前は忘れました。

DSC00634.jpg

中々見事な橋です。
posted by wadainoblog at 15:25| 埼玉 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | タイ・ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

今日、ライチが届きました。

今日、夕方、会社の知り合いから電話があり、みやげ物があるので届けに
行きたいとの電話があった。

先週からハノイに出張に行っていたとのこと。

今回の出張は、非常に楽しかった。

出張先の現地スタッフから誘われ、地元のベトナム料理店に連れて行かれ、
さらにその後、ビアホイにまで行ったとのこと。

このビアホイが気に入ったとのことで、特に、味の薄い、生ぬるいビール
が特に良かったとのこと。

以前、ホーチミン市にプライベートで旅行したが、都会都会しており、
馴染めなかった。今回のハノイは、趣があり良かった。次回は、中国国境
近くのサパや中部のホイアンに行ってみたいとのこと。

で、現地の訪問先のスタッフから、私宛の土産を持たされたとのこと。

それを持ってきてくれたのですが、何と、ライチ。楊貴妃が非常に好んだ
というベトナム特産の果物。

060605_2117~0002.jpg

甘い香りがしており、会社から家に持って帰る間も、電車の中で良い香り
を放っていた。

早速、先ほど賞味したが、まだ完全に熟していないようで、少々甘みが
少ない感じ。

ライチは、ハノイでも6月頃、1ヶ月だけ食べることができる貴重な果物。

今日は、ラッキーでした。
posted by wadainoblog at 22:43| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ・ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。